2011年03月12日

福島第一原発について


福島第一原発の冷却装置が機能停止している問題で、
原子炉の熱により発生した蒸気で
原子炉内部の圧力が高まり危険な状態であるため
東京電力と専門家らは
容器内の蒸気を屋内に開放する事も検討しているとの事。

ただ、この蒸気を放出する事態になったとしても
周辺への影響はほぼ問題ないほど微量らしいです。

そして米軍より冷却材が届けられたとの話も。

原発絡みのニュースは
情報を理解するのに科学的な専門知識を要するためか、
メディアからの発表もそれぞれ内容が食い違ってたりして
情報が錯綜する事が珍しくないですね。
不要な不安を煽るような内容もよく目にします。

現場の専門家でも全てを把握するのに
時間がかかりそうな今回の件ですが、
復旧のためにも
何とか早く安定した状態を確保して欲しいところです。


ラベル:原発 福島第一
posted by なまもの at 03:42| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。