2011年03月12日

福島第一原発に放射能漏れの可能性


11/03/12  07:00

現在、福島第一原発の一号機の制御室付近の放射線量が
通常の千倍の状態になっているとの事。
どこかが破損して放射能がもれている可能性があるらしいです。
正門付近では通常の8倍らしいので。

避難指示が半径10kmに拡大されています。

8倍という数値そのものに即時の危険性はないものの
どこから漏れているのか原因が分からない状態というのは
かなり危険だと思います。

ただ夜が明けたので
早急な点検で事態の把握と対応が進んでくれれば、と思います。
ここ2・3日が正念場とか言う話もあるようです。

_______________________

11/03/12   10:30  追記

福島第二原発で原子炉内の冷却装置がうまく機能せず
炉内の温度が100℃に上昇したことから
福島第二原発の半径3km以内の住民に
避難要請が出されたそうです。

この事態はこれまでと同様、
即時性が求められる深刻な事態ではなく
危険な兆候が見られる事に対しての措置だそうです。
仮に事態が悪化しても猶予が1日くらいあるとか。

現在の福島原発の状況については
悪化の懸念はあるものの
突然の大爆発や手の施しようのないメルトダウンといった
パニック映画のような急激な展開は
まず無いと言われています。
現在確認されている放射能レベルも
環境や健康に大きな影響を与えるほどではありません。

しかし安心できる状態ではないことに変わりは無く
余震なども続き、予断の許さない状況ではあります。
できるだけ感情的にならず
情報を注視していきたいと思います。



posted by なまもの at 07:22| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。