2011年03月12日

福島第一原発一号機で爆発


福島第一原発一号機で爆発音の後白煙が上がる。

東電職員が4人怪我。

事故が起こって数時間たってるのに
これ以上何も具体的な情報が出てこないのは
かなりまずい事態だからなのか。
それとも現場・あるいは政府が把握できていないからなのか。

どのみち放射能被害があるなら外国からでも
いずれ検知されるでしょうから
重大な事故があったことを隠してるとしたら
かなり問題ですね。

福島第一原発では微量ながらも
外部に放射線が漏れている状態であったらしい事と
(この場合、量は問題ではない)
余震の後で爆発があったという事を合わせて考えると
やはり建物内のどこかが地震で破損していて
それが余震で一気に破損が拡大したんでしょうね。

地震後の建造物の点検となると
通常の作業とも異なるから時間がかかるし
把握するのも困難というのはあるだろうけど
現状の情報を全く出さないというのは
明らかにおかしい。
共産党の独裁政権のやり方そのもの。



避難区域 
福島第一・第二ともに半径20kmに拡大。


それでも情報を出さない政府。

______________________________

11/03/12  20:00  追記

福島第二原発のクレーン操縦室に閉じ込められていた
作業員の方の死亡が確認されたそうで
ご冥福をお祈りします。

ただ、この方は
今日(3/12)爆発後に出たけが人とは違う方です。
爆発事故がおきたのは第一原発の方です。
この方の安否自体は昨日(3/11)の早い段階から
ニュースになっていました。

__________________________________

11/03/12

政府の発表によると

今日午後の爆発は水素爆発で、格納容器に破損はない。

との事。
放射線の数値も深刻なレベルではないらしく
とりあえず最悪の事態が起こったのではないらしい。

ネットで検索した事も合わせると

・炉内の温度上昇により大量の水蒸気発生
・炉内で圧力が高まり危険
・水蒸気を抜く作業を行う
・水蒸気が屋内に充満→高温の金属に触れて水素に変化
・水素が酸素と反応→爆発

という事らしいです。
これだと
爆発自体は核物質とは関係ないようですね。
(水蒸気は放射線を浴びて放射性物質になってますが)
施設破損によるものでもないし、
この爆発による被害が最低限で済んだのであれば
一安心なのではないかと思います。

ただ、この不安定な状況はこの先も続くため
もう大丈夫、という事ではないですね。
厳しい状況の中、
現場で対応している方々ありがとうございます。

___________________
11/03/15
(線で消した部分、水素爆発についての解釈は
 まとめサイトの方に正しい記述がありますので
 そちらの確認をお願いします。)

 


posted by なまもの at 19:13| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。